色素細胞母斑が正式名称

医者

レーザー以外の治療法も

皮膚に現れる黒っぽい小さな良性腫瘍を一般的にほくろと言い、医学用語では色素細胞母斑と呼びます。組織が同じものに、黒アザと呼ばれる先天性のアザが挙げられます。大きさは直径1cmを超えるのが普通です。6cmを超えたり大きくなったりしている場合は悪性化が疑われるため、手術での切除が推奨されることがあります。ほくろは、メラノサイトのような色素細胞が増えることで発生します。皮膚の浅いところで発生しているのは境界母斑で、もう少し深いところのは複合母斑、真皮に存在しているのは真皮内母斑です。発生当初は境界母斑だったものも、細胞増殖を続けることによって真皮にまで達し、深くなった分だけ皮膚上にも盛り上がってきます。さらに、ほくろは見た目や出来やすい場所などの特徴によって、4種類に分類されています。首より上に出やすいふっくらした黒褐色のものは、ミーシャ母斑です。幼児期から発生し、中には脂肪にまで母斑細胞が達している人もいます。毛が生えることも珍しくなく、除去する人のほとんどがこのタイプです。特に幼児期に出てきやすい母斑はスピッツ母斑で、発生部位は全身です。黒褐色だけでなく虹色のこともあり、見た目がメラノーマに似ています。そして、小児期に出現した母斑が次第に隆起したものは、ウンナ母斑と言います。柔らかく凸凹していて、上腕や太もも、首などに出やすいです。また、全身に現れる黒褐色、もしくは外側が薄く内側が濃い色となっているものはクラーク母斑です。これは白色人種に出やすいタイプです。良性腫瘍と判断されたほくろについては自費診療で除去します。多くのクリニックでは炭酸ガスレーザーを用いて除去しますが、他のレーザー機器を用意しているところもあります。レーザー以外では、電気分解法やくり抜き法、切除法が利用可能です。シミ治療に活用されているQスイッチヤグレーザーは、色素の深さに関わらず対応できるレーザー機器となっています。費用の相場は1mm5千円ほどです。炭酸ガスレーザーは、水分が多い組織に反応するという特性を生かして、ほくろといぼの除去に役立てられています。費用は1mm7千円ほどとなります。そして、炭酸ガスレーザーより約10倍水分の吸収率を持つのが、エルビウムヤグレーザーです。より周辺組織のダメージを軽くでき、色素沈着が残りにくいのが特徴、費用は1mm8千円ほどが相場です。それから、電気分解法はレーザーと同じような方法で電気メスにて細胞を削っていく治療法です。費用は1mm6千円ほどが相場となります。円筒状の医療器具でくり抜いていくくり抜き法は、根元まで入念に組織を取り除けるので再発リスクが低い方法です。縫合しないために傷が治るのに数週間を要します。5mm以上のほくろにも対応していますが、大きいほど傷痕が残りやすいです。1mmの場合、費用相場は9千円ほどです。ほくろを取った後に縫合するのが切除法で、費用は1mmで1万円ほどが相場です。病変部より大きく切開しなければいけないものの、シワなどに沿って手術するので傷痕は意外にも目立たなくなることが多いです。再発する可能性が最も低い治療となります。

Copyright© 2018 ほくろが気になったら除去を選択【きれいな肌をつくることが出来る】 All Rights Reserved.